メニューを開く 検索を開く ログイン

超高齢社会で有益な健診項目とは

 2021年01月18日 14:30
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 超高齢社会においては、健康寿命を延伸して要介護者および要支援者を減らすことが望ましい。健康を保つには生活習慣の改善だけでなく、これまで不可避とされた老化やがんへの対策も行う必要がある。東海大学東京病院院長/健診センター長で同大学健康管理学領域主任教授の西﨑泰弘氏は第61回日本人間ドック学会(2020年11月26〜27日、ウェブ開催11月26日〜12月11日)で講演し、「がん検診の受診率を高め、検査項目に体脂肪率測定を加えることは、筋肉量を推定できる点で有益と考えられる」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

iPhone版でも不具合。COCOAアプリは使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  超高齢社会で有益な健診項目とは