メニューを開く 検索 ログイン

超高齢社会で有益な健診項目とは

2021年01月18日 14:30

7名の医師が参考になったと回答 

 超高齢社会においては、健康寿命を延伸して要介護者および要支援者を減らすことが望ましい。健康を保つには生活習慣の改善だけでなく、これまで不可避とされた老化やがんへの対策も行う必要がある。東海大学東京病院院長/健診センター長で同大学健康管理学領域主任教授の西﨑泰弘氏は第61回日本人間ドック学会(2020年11月26〜27日、ウェブ開催11月26日〜12月11日)で講演し、「がん検診の受診率を高め、検査項目に体脂肪率測定を加えることは、筋肉量を推定できる点で有益と考えられる」と述べた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  超高齢社会で有益な健診項目とは

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD534856 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外