メニューを開く 検索 ログイン

高齢心不全患者の8割が呈する症候群

フレイル、サルコペニア、カヘキシア

 2021年01月18日 05:05
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 循環器疾患に対する治療の進歩や日本社会の高齢化により急増している高齢心不全患者では、フレイルやサルコペニア、カヘキシア(悪液質)を伴うことが多い。藤田医科大学ばんたね病院リハビリテーション部の伊藤貴史氏らは第56回日本循環器病予防学会(2020年12月1~21日、ウェブ開催)で、高齢心不全患者にお...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

トンデモ医療の被害にあった患者を知っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  高齢心不全患者の8割が呈する症候群