メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

米に続き、欧州でデュルバルマブの投与間隔延長

 2021年01月18日 16:50
プッシュ通知を受取る

 英・アストラゼネカは1月15日、局所進行性の切除不能な非小細胞肺がん(NSCLC)に対する根治的化学放射線療法後の維持療法における抗PD-L1抗体デュルバルマブ(商品名イミフィンジ)の投与について、従来の「体重1kg当たり10mgを2週間隔投与」に加え、新たに「1,500mgを4週間間隔投与」が欧州で承認されたと発表した(関連記事「抗PD-1抗体の投与間隔、延長する?」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  米に続き、欧州でデュルバルマブの投与間隔延長