メニューを開く 検索を開く ログイン

個人防護服の下に着るだけで不快感を軽減

 2021年01月19日 05:05
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 Radboudumc

 個人用防護服(PPE)は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のような感染力が強いウイルスから医療従事者を守る重要なツールだが、密着性が高くPPE内の温度は36℃にも達し、不快感が強いという課題があった。本来、2020年東京オリンピック・パラリンピックに出場するトップアスリート用に開発されたあるものを身に着けるだけで、PPE装着に伴う不快感が軽減し、医療従事者の体温と心拍数には悪影響を及ぼさなかった。オランダ・Radboud university medical centerのJohannus Q. de Korte氏らが、Temperature2020年12月26日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  個人防護服の下に着るだけで不快感を軽減