メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

ゲフィチニブによる肺障害の原因解明

 2021年01月19日 13:06
プッシュ通知を受取る

18名の先生が役に立ったと考えています。

 上皮成長因子受容体(EGFR)チロシンキナーゼ阻害薬ゲフィチニブ(商品名イレッサ)は、EGFR遺伝子変異陽性の進行非小細胞肺がんを適応として 2002年7 月に日本で承認されたが、承認直後から急性肺障害や間質性肺炎などの致死性有害事象が問題となってきた。東北大学大学院薬学研究科准教授の野口拓也氏らは、同薬が肺障害を引き起こすメカニズムを解明し、Cell Death Dis(2021; 12: 49 )に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  ゲフィチニブによる肺障害の原因解明