メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  高齢者 »  GLS1阻害薬が老化細胞を選択的に除去

GLS1阻害薬が老化細胞を選択的に除去

マウスで加齢関連疾患の改善を確認

2021年01月20日 16:51

14名の医師が参考になったと回答 

 東京大学医科学研究所癌防御シグナル分野教授の中西真氏らの研究グループは、肥満性糖尿病や動脈硬化症などの加齢関連疾患モデルマウスに対し老化細胞を選択的に除去するグルタミナーゼ(GLS)1阻害薬を投与、症状が改善したことをScience(2021; 371: 265-270)に発表した。老化細胞の代謝特異性を標的とした新たな抗加齢療法につながるという。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  高齢者 »  GLS1阻害薬が老化細胞を選択的に除去