メニューを開く 検索を開く ログイン

GLS1阻害薬が老化細胞を選択的に除去

マウスで加齢関連疾患の改善を確認

 2021年01月20日 16:51
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 東京大学医科学研究所癌防御シグナル分野教授の中西真氏らの研究グループは、肥満性糖尿病や動脈硬化症などの加齢関連疾患モデルマウスに対し老化細胞を選択的に除去するグルタミナーゼ(GLS)1阻害薬を投与、症状が改善したことをScience(2021; 371: 265-270)に発表した。老化細胞の代謝特異性を標的とした新たな抗加齢療法につながるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  高齢者 »  GLS1阻害薬が老化細胞を選択的に除去