メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

独BI、英Enara Bioとがん免疫療法開発で戦略的提携

 2021年01月21日 18:54
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 ドイツ・ベーリンガーインゲルハイムと英Enara Bio社は1月12日、新しいがん標的免疫療法の研究開発に関して、Enara Bio社のDark Antigen™創薬プラットフォームを活用する戦略的提携およびライセンス契約を締結したことを発表した。Enara Bio社独自のDark Antigen Platform Technology(EDAPT™)は、肺がんおよび消化管がん領域で、最大3種類のがんにおける新規Dark Antigenを発見し、検証するために使用される。共通抗原の発見は、幅広いがん患者にすぐに使用できるワクチンの開発につながる可能性があるという。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  独BI、英Enara Bioとがん免疫療法開発で戦略的提携