メニューを開く 検索を開く ログイン

ビッグデータ研究は医学の進歩に貢献

 2021年01月22日 05:15
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 健康診断や人間ドックの最終目標は、疾患や高リスク者を発見し早期の治療や介入により健康寿命延伸を実現させることである。また、その過程で蓄積されるビッグデータを解析することで、疾患の診断や将来のリスク予測、指導成績の改善に役立つ科学的エビデンスの確立も可能となる。新潟大学大学院血液・内分泌・代謝内科学分野教授の曽根博仁氏は第61回日本人間ドック学会(2020年11月26〜27日、ウェブ開催)で、「健診/人間ドックに関するビッグデータ研究は医学の進歩に大きく貢献し、他の医療データとリンクすることでさらに多くのエビデンスが得られる」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  ビッグデータ研究は医学の進歩に貢献