メニューを開く 検索を開く ログイン

新型コロナ第二波で自殺率上昇

女性、小児、青年で顕著

 2021年01月22日 05:12
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行期における自殺傾向が明らかになった。東京都健康長寿医療センター研究所の岡本翔平氏らは、厚生労働省のデータを基に準実験デザインでCOVID-19流行下の自殺動向を分析。日本で感染の第二波が発生した2020年7〜10月の自殺率は、 2016~19年の同期間に比べ16%上昇し、特に女性や小児、青年で上昇幅が顕著であったと報告した。研究の詳細は、Nat Hum Behav2021年1月15日オンライン版)に掲載されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  新型コロナ第二波で自殺率上昇