メニューを開く 検索を開く ログイン

片頭痛に待望の新薬、ガルカネズマブが承認

 2021年01月22日 16:55
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 日本イーライリリーと第一三共は本日(1月22日)、ヒト化抗カルシトニン遺伝子関連ペプチド(calcitonin gene-related peptide;CGRP)モノクローナル抗体製剤の「ガルカネズマブ(遺伝子組換え)」(商品名エムガルティ皮下注120mgオートインジェクター、皮下注120mgシリンジ)について、片頭痛発作の発症抑制の効能又は効果で、国内製造販売承認を取得したと発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  脳・神経 »  片頭痛に待望の新薬、ガルカネズマブが承認