メニューを開く 検索を開く ログイン

口腔がんの新たな臨床像が明らかに

多施設共同後ろ向き研究

 2021年01月25日 05:05
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 口腔がんは頭頸部がんの中では頻度が高いが、臨床において明らかではない部分も多い。田附興風会医学研究所北野病院(大阪市)耳鼻咽喉科・頭頸部外科副部長の原田博之氏らは、口腔がんの疫学的検討を目的に、多施設共同後ろ向き研究を実施。その結果、口腔がん発症の危険因子とされている習慣的飲酒、喫煙歴がない口腔がん例の集団が一定の割合で存在すること、またその集団の臨床的特徴を明らかにしたと、第82回耳鼻咽喉科臨床学会(2020年12月24~25日、ウェブ併催)で発表した。 

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

コロナ診療に従事する覚悟は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  口腔がんの新たな臨床像が明らかに