メニューを開く 検索 ログイン

80歳超の高齢膵がんでも手術で予後改善

日本膵臓学会調査

2021年01月25日 17:10

13名の医師が参考になったと回答 

 戦後のベビーブーム期に出生した世代が80歳代を迎える2030年には、80歳以上の高齢者が人口に占める割合が高くなることが予想されている。膵切除をした80歳以上の膵がん患者は、80歳未満の患者に比べて予後が不良とされる中、関西医科大学外科学講座診療教授の里井壯平氏は第51回日本膵臓学会(1月8~9日、ウェブ併催)で、同学会膵疾患臨床研究推進委員会(山上裕機委員長)が行った80歳以上の高齢膵がん患者に対する治療法についての調査結果を報告。80歳以上の切除可能膵がんでは、耐術性に問題がなければ膵切除により生存期間が延長し、集学的治療の導入によりさらなる予後改善が期待できることを明らかにした(Pancreas 2020; 49: 837-844)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  80歳超の高齢膵がんでも手術で予後改善

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD534980 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外