メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

80歳超の高齢膵がんでも手術で予後改善

日本膵臓学会調査

 2021年01月25日 17:10
プッシュ通知を受取る

13名の先生が役に立ったと考えています。

 戦後のベビーブーム期に出生した世代が80歳代を迎える2030年には、80歳以上の高齢者が人口に占める割合が高くなることが予想されている。膵切除をした80歳以上の膵がん患者は、80歳未満の患者に比べて予後が不良とされる中、関西医科大学外科学講座診療教授の里井壯平氏は第51回日本膵臓学会(1月8~9日、ウェブ併催)で、同学会膵疾患臨床研究推進委員会(山上裕機委員長)が行った80歳以上の高齢膵がん患者に対する治療法についての調査結果を報告。80歳以上の切除可能膵がんでは、耐術性に問題がなければ膵切除により生存期間が延長し、集学的治療の導入によりさらなる予後改善が期待できることを明らかにした(Pancreas 2020; 49: 837-844)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ禍で増加。「公園飲み」・「路上飲み」をどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  80歳超の高齢膵がんでも手術で予後改善