メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

BTK阻害薬アカラブルチニブ、再発/難治性慢性リンパ性白血病で承認

 2021年01月25日 17:58
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 アストラゼネカは本日(1月25日)、次世代の選択的ブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)阻害薬アカラブルチニブが「再発または難治性の慢性リンパ性白血病(小リンパ球性リンパ腫を含む)」を効能・効果として、厚生労働省の承認を取得したこと発表した。

 今回の承認は、国内第Ⅰ相試験および国際共同第Ⅲ相試験(ASCEND試験)の中間解析の結果に基づいたもの。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  BTK阻害薬アカラブルチニブ、再発/難治性慢性リンパ性白血病で承認