メニューを開く 検索を開く ログイン

陰茎がん:診断、治療のポイントは?

 2021年01月26日 05:15
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 陰茎がんは包皮や亀頭から発生した扁平上皮がんと定義され、好発年齢は50〜70歳(平均年齢67歳)と高齢者に多い特徴がある。年齢調整罹患率(人口10万人・年)は世界で0.84人、日本で0.3人と、まれな悪性疾患といえる。中部徳洲会病院(沖縄県)泌尿器科の呉屋真人氏は第108回日本泌尿器科学会(2020年12月22〜24日、ウェブ併催)で、欧米のガイドラインや最新の研究報告に基づいて陰茎がん原発腫瘍の診断、治療について概説。その中で、陰茎がんは限局性であれば、早期の治療で根治が期待できることを指摘した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  腎・泌尿器 »  陰茎がん:診断、治療のポイントは?