メニューを開く 検索を開く ログイン

息切れは加齢や体力不足?CTEPHの鑑別を

 2021年01月26日 05:15
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 日本における慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)患者数は100万人当たり25.2人、年次増加数は100万人当たり2.9人と推定されており、臨床上の遭遇頻度は高いとは言い難く、一般の認知度も低い疾患だ。労作性の息切れが主訴となるが特徴的な症状や身体的所見に乏しいため、早期診断が困難であることが知られている。信州大学、京都大学、バイエル薬品らの研究グループは、CTEPH患者の発症から診断、治療までのプロセスと疾患が及ぼす負担に関する研究を実施。患者自身による初期症状の加齢や体力不足との誤認と、医師が鑑別疾患としてCTEPHを想起しにくい点が、早期の確定診断を妨げる障壁であることを明らかにした。詳細はValue Health Reg Issues (2021; 24: 17-23)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  息切れは加齢や体力不足?CTEPHの鑑別を