メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

摂食障害に潜むADHD、診断のポイントは?

 2021年01月27日 05:20
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 注意欠陥・多動性障害(ADHD)は、過食や自己誘発性嘔吐などの排出行動を伴う摂食障害との関連が示唆されている。両者の症状は類似点があるため摂食障害単独例とADHD併存例の鑑別が難しく、摂食障害の背景にあるADHDの見落としや、摂食障害単独例をADHD併存例と診断する恐れがある。なにわ生野病院(大阪市)心療内科部長の木村記子氏は、第30回日本臨床精神神経薬理学会(1月9~10日、ウェブ開催)で摂食障害が併存するADHDの診断および治療へのポイントを提示した。

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪の開会式(23日20:00~)は見たい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  精神疾患 »  摂食障害に潜むADHD、診断のポイントは?