メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

FGFR2b陽性胃がんに対する新機序薬の実力

第Ⅱ相試験FIGHTでPFS、OSを有意に延長

 2021年01月27日 05:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 線維芽細胞成長因子(FGF)/線維芽細胞成長因子受容体(FGFR)経路は腫瘍細胞の発生と成長に関係しており、FGFR2bは胃や皮膚などの上皮細胞に発現する。米国臨床腫瘍学会消化器がんシンポジウム(ASCO-GI 2021、1月15~17日、ウェブ開催)では、FGFR2b陽性の進行胃がん患者に対するfirst-in-classの抗悪性腫瘍薬である抗FGFR2b抗体bemarituzumabの有効性および安全性を検討した第Ⅱ相ランダム化比較試験FIGHTの結果を米・University of CaliforniaのZev A. Wainberg氏が発表。mFOLFOX6に対するbemarituzumabの上乗せにより予後を有意に改善することが報告された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  FGFR2b陽性胃がんに対する新機序薬の実力