メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

dMMR固形がんへの新規抗PD-1抗体が有望

第Ⅰ相試験GARNET Part2B:dostarlimab

2021年01月29日 05:00

4名の医師が参考になったと回答 

 Dostarlimabは、新規抗PD-1抗体として、その有効性が期待されている。フランス・Sorbonne UniversityのThierry Andre氏は、ミスマッチ修復機構の欠損 (deficient mismatch repair;dMMR)を有する固形がんに対するdostarlimabの有効性と安全性を検証した第Ⅰ相試験GARNETのPart2BコホートFの結果を、米国臨床腫瘍学会消化器癌シンポジウム2021(ASCO-GI 2021、1月15日~17日、ウェブ開催)で発表。dostarlimab投与により、他に治療選択肢がないdMMRを有する大腸がんおよび非大腸がん患者で抗腫瘍効果が認められ、安全性も良好だったことを報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  dMMR固形がんへの新規抗PD-1抗体が有望

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD535028 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外