メニューを開く 検索を開く ログイン

コロナ入院・死亡リスクが中和抗体併用で70%減

第Ⅲ相試験BLAZE-1:bamlanivimab+etesevimab

 2021年01月29日 17:19
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 米・イーライリリーは1月26日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する中和抗体bamlanivimab(LY-CoV555)2,800mgとetesevimab(LY-CoV016)2,800mgの併用療法の有効性と安全性を検証した第Ⅲ相試験BLAZE-1において、同併用療法によりCOVID-19と診断間もない高リスク患者のCOVID-19関連入院および死亡が有意に減少し、主要評価項目を達成したと発表した。これらイベントの発生が認められたのは、対象患者1,035例のうち、プラセボ投与群では36件(7.0%)であったのに対し、治験薬投与群では11件(2.1%)と70%の有意(P=0.0004)なリスク低下が示された。また、同併用療法による死亡例は認められなかったという。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  短報 »  コロナ入院・死亡リスクが中和抗体併用で70%減