メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

食道胃接合部がんへの術前SOXが有望

国内第Ⅱ相試験ESOX:根治切除率は86%

 2021年01月30日 06:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 食道胃接合部(EGJ)腺がんは増加しているにもかかわらず、有用な術前補助化学療法のレジメンは確立されていない。がん研有明病院(東京都)食道外科医長の今村裕氏らは、進行EGJ腺がんに対する術前S-1+オキサリプラチン併用(SOX)療法の有効性および安全性を検討した単群非盲検第Ⅱ相試験ESOXの結果について、米国臨床腫瘍学会消化器がんシンポジウム(ASCO-GI 2021、1月15~17日、ウェブ開催)で報告。EGJ腺がんに対する術前SOX療法による根治(R0)切除率は86%と良好であり、新たな治療選択肢となる可能性が示された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  食道胃接合部がんへの術前SOXが有望