メニューを開く 検索を開く ログイン

認知度低い「運動誘発性喉頭閉塞症」

運動時に急激な呼吸困難

 2021年02月01日 05:10
プッシュ通知を受取る

21名の先生が役に立ったと考えています。

 運動誘発性喉頭閉塞症(Exercise-Induced Laryngeal Obstruction;EILO)は、運動がピークに達したときに急激な上気道吸気性喘鳴を伴う吸気性呼吸困難を来す疾患である。近年、欧米では医療従事者だけでなく、スポーツ関係者にも知られるようになってきたが、日本での認知度は低い。和歌山県立医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科講師の大谷真喜子氏は、以前からアスリートの耳鼻咽喉科の問題に取り組んできたが、今回EILOの症例を経験。木村恵梨氏らとともに第82回耳鼻咽喉科臨床学会(2020年12月24~25日、ウェブ併催)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

iPhone版でも不具合。COCOAアプリは使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  耳鼻咽喉 »  認知度低い「運動誘発性喉頭閉塞症」