メニューを開く 検索を開く ログイン

メディアが報じない新型コロナの「問題」

2月14日に名古屋で医師らがイベント開催へ

 2021年02月01日 18:04
プッシュ通知を受取る

213名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査、遺伝子ワクチンのいずれにも「遺伝子」が関連している。だが、これらへの理解が足りないまま一般メディアでは「感染者数」や「死亡者数」ばかりが取り沙汰され、不毛な議論が繰り広げられていることは否めない。こうした中、統合医療クリニック徳院長(名古屋市)でウィスコンシン医科大学名誉教授の高橋徳氏が発起人となり、遺伝子について解説しながらSARS-CoV-2を取り巻く根本的な問題点や疑問点をパネリスト4氏が論じるイベントが、2月14日に名古屋市で開催される。「一般メディアではほとんど報道されていない事実を伝えるとともに、これを機に1人でも多くの医師が賛同してくれることを願っている」と語る同氏に、開催の経緯や背景について聞いた。

〔本記事に関する編集部からのお知らせはこちら〕

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「原発処理水の海洋放出を政府が決定」にどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  メディアが報じない新型コロナの「問題」