メニューを開く 検索 ログイン

日本国際賞にがん研究のVogelstein、Weinberg氏

「医学、薬学」分野

2021年02月01日 17:23

3名の医師が参考になったと回答 

 国際科学技術財団は1月29日にウェブで記者会見を開き、2021年(第37回)日本国際賞の受賞者3人を発表した。今回の受賞分野である「資源、エネルギー、環境、社会基盤」ではオーストラリア・University of New South Wales教授のMartin A. Green氏、「医学、薬学」分野では、米・Massachusetts Institute of Technology教授/Whitehead Institute for Biomedical ResearchのRobert A. Weinberg氏と米・Johns Hopkins University School of Medicine教授のBert Vogelstein氏が選出された。Vogelstein氏とWeinberg氏は、それぞれ独自の研究手法を用いることで「多段階発がんモデル」を提唱し、がん治療に貢献した点などが評価された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  日本国際賞にがん研究のVogelstein、Weinberg氏

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD535126 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外