メニューを開く 検索を開く ログイン

日本国際賞にがん研究のVogelstein、Weinberg氏

「医学、薬学」分野

 2021年02月01日 17:23
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 国際科学技術財団は1月29日にウェブで記者会見を開き、2021年(第37回)日本国際賞の受賞者3人を発表した。今回の受賞分野である「資源、エネルギー、環境、社会基盤」ではオーストラリア・University of New South Wales教授のMartin A. Green氏、「医学、薬学」分野では、米・Massachusetts Institute of Technology教授/Whitehead Institute for Biomedical ResearchのRobert A. Weinberg氏と米・Johns Hopkins University School of Medicine教授のBert Vogelstein氏が選出された。Vogelstein氏とWeinberg氏は、それぞれ独自の研究手法を用いることで「多段階発がんモデル」を提唱し、がん治療に貢献した点などが評価された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  日本国際賞にがん研究のVogelstein、Weinberg氏