メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

MSI-H未治療大腸がんへのペムブロ、PFS2も良好

第Ⅲ相KEYNOTE-177

 2021年02月02日 17:59
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 転移性大腸がんでは、マイクロサテライト不安定性(Microsatellite instability)が高い(MSI-H)症例が5%程度を占めるとされる。KEYNOTE-177は、MSI-Hまたはミスマッチ修復機構の欠損 (deficient mismatch repair;dMMR)を有する転移性大腸がんの一次治療における抗PD-1抗体ペムブロリズマブの有効性および安全性を標準化学療法と比較検証する第Ⅲ相試験。既に中間解析で同薬による良好な無増悪生存期間(PFS)の延長が示されている。英・NHS foundation trustのKai-Keen Shiu氏は、同試験のPFS2(二次治療における増悪またはなんらかの理由による死亡までの期間と定義)およびQOLの結果を米国臨床腫瘍学会消化器癌シンポジウム2021(ASCO-GI 2021、1月15日~17日、ウェブ開催)で発表。いずれもペムブロリズマブ群で良好な成績が示されたと報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  MSI-H未治療大腸がんへのペムブロ、PFS2も良好