メニューを開く 検索 ログイン

新治療ナノナイフ、局所進行膵がんでOS28カ月

2021年02月02日 14:02

7名の医師が参考になったと回答 

 高圧電流でがん細胞を死滅させる不可逆電気穿孔法 (irreversible electroporation;IRE、ナノナイフ治療)は、局所進行膵がんの局所治療法として期待されている。国際医療福祉大学山王病院がん局所療法センターセンター長の森安史典氏は第51回日本膵臓学会(1月8~9日、ウェブ併催)で、IRE治療の有効性と安全性を検討した臨床研究の結果を報告。全生存期間(OS)の中央値(MST)は27.8カ月、3年生存率は37.0%、4年生存率は16.5%と「他国におけるIREの臨床試験との比較において、妥当な治療成績を残すことができた」と評価した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  新治療ナノナイフ、局所進行膵がんでOS28カ月

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD535103 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外