メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

小野薬品、PARP7阻害薬に関するライセンス契約を米Ribon Therapeutics社と締結

 2021年02月02日 17:51
プッシュ通知を受取る

 小野薬品工業は本日(2月2日)、固形がんを対象に第Ⅰ相試験を実施中のPARP7(ポリADPリボースポリメラーゼ7)阻害薬「RBN-2397」に関して、米・Ribon Therapeutics社とライセンス契約を締結したことを発表した。

 RBN-2397は、がん細胞の生存にとって重要な役割を果たす分子であるPARP7を阻害することで、腫瘍増殖を直接抑えることに加え、がん細胞に対する免疫応答を高める新たな抗がん薬となることが期待されている。 今回の契約締結により、小野薬品工業は日本、韓国、台湾およびASEAN諸国においてRBN-2397を独占的に開発および商業化する権利をRibon Therapeutics社より取得する。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  小野薬品、PARP7阻害薬に関するライセンス契約を米Ribon Therapeutics社と締結