メニューを開く 検索を開く ログイン

救急隊による12誘導心電図で死亡率が改善

 2021年02月03日 05:15
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

27347_face01.png 上尾中央総合病院(埼玉県)心臓血管センター循環器内科の小橋啓一氏らは、救急隊による12誘導心電図(PH-RCG)伝送の有効性について検討し、結果を第8回12誘導心電図伝送を考える会(1月16日~2月14日、ウェブ開催)で報告。Door to balloon time(DTBT)が短縮し、30日間死亡率が改善したと発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  循環器 »  救急隊による12誘導心電図で死亡率が改善