メニューを開く 検索を開く ログイン

前立腺がん監視療法で過剰治療を防げ!

日本での普及を呼び掛ける

 2021年02月04日 05:10
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

 前立腺特異抗原(PSA)検査が広く行われるようになり、前立腺がんの早期発見と治療が可能となった。一方、不必要な生検が増え、生涯無症状で命に関わらない前立腺がんが発見、治療される事態が生じている。こうした過剰治療を防ぐ有用な方法として、早期前立腺がんに対する積極的監視療法が注目されている。香川大学泌尿器・副腎・腎移植外科教授の杉元幹史氏は第108回日本泌尿器科学会(2020年12月22~24日、ウェブ併催)で、監視療法の現状と課題について最近の知見を提示しながら解説。「前立腺がん監視療法は世界の標準治療となっており、日本でも普及させる必要がある」と強調した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  腎・泌尿器 »  前立腺がん監視療法で過剰治療を防げ!