メニューを開く 検索を開く ログイン

統合失調症でコロナ死亡リスクが2.7倍に

高齢に次ぐ危険因子の可能性

 2021年02月04日 18:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 精神疾患と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による死亡リスクの関連を検討した後ろ向きコホート研究で、統合失調症スペクトラム障害が高齢に次ぐ死亡の危険因子である可能性が示された。米・New York University (NYU) Langone Medical CenterのKatlyn Nemani氏らが、ニューヨーク市のCOVID-19患者7,348例を解析した結果、統合失調症スペクトラム障害を有する患者は有しない患者に比べて死亡リスクが2.7倍だったとJAMA Psychiatry2021年1月27日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  統合失調症でコロナ死亡リスクが2.7倍に