メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

TIA後の脳卒中に「朗報」と「悲報」

発症リスクは低下傾向だが長期間継続

 2021年02月04日 17:55
プッシュ通知を受取る

33名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 米・Harvard Medical SchoolのVasileios A. Lioutas氏らは、一過性脳虚血発作(TIA)後の脳卒中発症リスクに関する後ろ向きコホート研究を実施。その結果、TIA後の脳卒中の発症リスクは、以前に比べて最近は低下傾向にあるという朗報と、これまで考えられていた以上にリスクは長期間継続するという悲報の両方の知見を得たと、JAMA2021; 325: 373-381)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ禍で増加。「公園飲み」・「路上飲み」をどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  脳・神経 »  TIA後の脳卒中に「朗報」と「悲報」