メニューを開く 検索を開く ログイン

コロナによる嗅覚障害の解明へ新知見

モデル動物で嗅上皮傷害を検討

 2021年02月04日 14:40
プッシュ通知を受取る

16名の先生が役に立ったと考えています。

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染による嗅覚障害の病態解明に寄与する新知見が示された。東京大学大学院耳鼻咽喉科学・頭頸部外科学教授の山岨達也氏らは、ゴールデンハムスターを用い新型コロナウイルス感染症(COVID-19)モデルを確立。同モデルを用いた実験によりSARS-CoV-2感染による嗅上皮傷害の特徴などを解明したと、ACS Chem Neurosci2021年2月1日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  感染症 »  コロナによる嗅覚障害の解明へ新知見