メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

Oncology Tribune

放射線腫瘍学会がCOVID-19下の放射線治療に関する提言を更新

 2021年02月04日 14:27
プッシュ通知を受取る

 日本放射線腫瘍学会は2月3日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)蔓延下における放射線治療についてまとめた提言を更新したと発表した。

 「COVID-19パンデミックにおける放射線治療 JASTRO提言」は2020年5月に初版が発出され、7月に改訂が行われており、今回は第1.4版となる。提言では「第3波とされる状況となり、国内各地域における今後の感染状況の変化に応じて対応し続けていく必要がある」としている。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ禍で増加。「公園飲み」・「路上飲み」をどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  放射線腫瘍学会がCOVID-19下の放射線治療に関する提言を更新