メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

HER3標的抗体薬物複合体U3-1402、既治療EGFR陽性NSCLCで第Ⅱ相開始

 2021年02月04日 17:08
プッシュ通知を受取る

 第一三共は本日(2月4日)、HER3に対する抗体薬物複合体(ADC)であるU3-1402について、EGFR変異陽性の切除不能非小細胞肺がん(NSCLC)患者を対象とした国際共同第Ⅱ相臨床試験HERTHENA-Lung01において、最初の患者への投与を開始したと発表した。

 HERTHENA-Lung01試験では、EGFR阻害薬と化学療法による治療後に病勢進行を認めたEGFR変異陽性切除不能NSCLC患者を対象に、U3-1402の有効性と安全性を評価。主要評価項目は客観的奏効率で、副次評価項目は奏効期間、病勢制御率、無増悪生存期間、全生存期間、安全性・忍容性など。米国、欧州、日本を含むアジアにおいて最大約420例の患者を登録する予定だという。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

iPhone版でも不具合。COCOAアプリは使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  呼吸器 »  HER3標的抗体薬物複合体U3-1402、既治療EGFR陽性NSCLCで第Ⅱ相開始