メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

対策型肺がん検診、対象年齢引き上げが必要か

 2021年02月05日 05:00
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 わが国で対策型肺がん検診が開始されて30年以上になる。喫煙は肺がんにおける最大の予防可能な危険因子と考えられており、この30年間で喫煙率は継続して低下(特に男性)しつつある。第31回日本疫学会(1月27〜29日、ウェブ開催)において、国立がん研究センターの逸見治氏らは、1991年以降の対策型肺がん検診のデータから求めた肺がん発見率や喫煙率などとの関連について報告。男女ともに若年群では検診受診者数が著しく少ないこと、若年群の肺がん発見率は著しく低いこと、この25年間で受診者全体と肺がん発見時の年齢が高齢化傾向にあることなどを示した。喫煙率は継続して低下していることもあり、今後、より効率的に対策型肺がん検診を実施するためには、検診対象年齢の引き上げなどが必要ではないかと考察している。詳細は、Jpn J ClinOncol 2020; 50:1126-1132に掲載されている。

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪の開会式(23日20:00~)は見たい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  対策型肺がん検診、対象年齢引き上げが必要か