メニューを開く 検索を開く ログイン

肺がん術前アテゾ単剤でMPR 21%を達成

切除可能NSCLC:第Ⅱ相試験LCMC3

 2021年02月05日 17:15
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 ⅠB~ⅢB期の切除可能非小細胞肺がん(NSCLC)に対する術前化学療法として、抗PD-L1抗体アテゾリズマブの有効性および安全性を検証した第Ⅱ相試験LCMC3の主解析結果から、主要評価項目である主要病理学的奏効(Major pathological response;MPR、腫瘍残存率10%以下)率が21%、病理学的完全奏効(pCR)率は7%と、有望な成績が示された。米・David Geffen School of Medicine at UCLAのJay M. Lee氏が第21回世界肺癌会議(WCLC 2020、1月28~31日、ウェブ開催)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  肺がん術前アテゾ単剤でMPR 21%を達成