メニューを開く 検索を開く ログイン

オタマジャクシの遺伝子で脊損治療

 2021年02月07日 05:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 アフリカツメガエル成体 © Adobe Stock

 名古屋大学大学院脳神経外科学准教授の夏目敦至氏らは、再生能力を持つアフリカツメガエルの幼生(オタマジャクシ)の遺伝子から神経再生に有効な神経転写因子「Neurod4」を発見。脊髄損傷モデルマウスの脊髄内の幹細胞にNeurod4を導入することで神経再生に成功したとiScience(2021; 24: 102074)に報告した。(関連記事「ヒトもサラマンダーのように手足再生が可能」「イモリの再生能力解明の手がかりに」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  脳・神経 »  オタマジャクシの遺伝子で脊損治療