メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

sotorasib、KRAS変異NSCLCで深く長期に奏効

第Ⅱ相CodeBreaK 100のNSCLCコホート

2021年02月08日 05:00

1名の医師が参考になったと回答 

 KRAS G12C変異は非小細胞肺がん(NSCLC)の約13%に認められ、腫瘍細胞の増殖活性に寄与するものの、有効な治療法は確立されていない。米・Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのBob T. Li氏は、KRAS G12C阻害薬sotorasib(AMG 510)の抗腫瘍効果と安全性を検証したCodeBreaK 100試験第Ⅱ相パートのNSCLCコホートにおける結果を世界肺癌学会議(WCLC 2020、1月28~31日、ウェブ開催)で発表。同薬投与により、早期かつ深い長期間の奏効など有望な成績が示されたと報告した(関連記事「KRAS変異を標的としたがん治療を展望」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  sotorasib、KRAS変異NSCLCで深く長期に奏効

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD535180 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外