メニューを開く 検索を開く ログイン

致命率低下の急性膵炎に残された課題とは?

 2021年02月08日 11:35
プッシュ通知を受取る

15名の先生が役に立ったと考えています。

 急性膵炎は、近年重症例の致命率は低下傾向にあるものの、さらなる予後改善を図る上で取り組むべき課題が浮上している。東北大学消化器内科教授の正宗淳氏は第51回日本膵臓学会(1月8~9日、ウェブ併催)の「急性膵炎ガイドライン2020公聴会」において、急性膵炎全国疫学調査2016の結果を報告。2011年の前回調査と比べ重症例の致命率が10.1%から6.1%に改善されたことを示した上で、同氏は残された課題を指摘。発症早期では、特に死亡リスクが高い症例を拾い上げるための造影CT施行が、発症後期では膵局所合併症の治療が、致命率改善のポイントとなることを示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  消化器 »  致命率低下の急性膵炎に残された課題とは?