メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

米・CAR-T療法lisocabtagene maraleucelが大細胞型B細胞リンパ腫で承認

 2021年02月08日 11:57
プッシュ通知を受取る

 米・ブリストル マイヤーズ スクイブは2月5日、再発または難治性の大細胞型B細胞リンパ腫に対し、新たなCD19を標的とするキメラ抗原受容体T細胞(CAR-T細胞)製品であるlisocabtagene maraleucel(商品名breyanzi)を米食品医薬品局(FDA)が承認したと発表した。本承認は第Ⅰ相試験TRANSCEND NHL 001の結果に基づく(関連記事「既治療の大細胞型B細胞リンパ腫に対するCAR-T療法lisocabtagene maraleucelで完全奏効53%【Lancet】」「CAR-T療法のアキシカブタゲン シロルユーセルが承認」「CAR-T療法、リンパ球疲弊前の早期導入を」)。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  米・CAR-T療法lisocabtagene maraleucelが大細胞型B細胞リンパ腫で承認