メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

OncoGuide NCCオンコパネル システムが適応拡大承認

MSH6、PMS2など新規10遺伝子の変異やNTRK3融合、 MSIの検出が可能に

 2021年02月08日 18:21
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 シスメックスは本日(2月8日)、遺伝子変異解析セット(がんゲノムプロファイリング検査用)「OncoGuide™ NCC オンコパネル システム」に関して、検出可能な遺伝子の変異を拡大するなどの機能強化に伴う製造販売承認の一部変更申請について、今月(2021年2月)1日に承認を取得したことを発表した。

 今回の適応拡大により、従来114 遺伝子の変異・増幅の検出であったものが、124遺伝子の変異・増幅、13遺伝子の融合とマイクロサテライト不安定性(MSI)の検出が可能になった。また同社は、全124遺伝子の生殖細胞系列遺伝子バリアントも参考情報として提供する、としている。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  OncoGuide NCCオンコパネル システムが適応拡大承認