メニューを開く 検索 ログイン

精神症状に潜む神経変性の病理とは

2021年02月09日 05:05

13名の医師が参考になったと回答 

 東京都健康長寿医療センター研究所神経病理(高齢者ブレインバンク)/国立精神・神経医療研究センター臨床検査部の齊藤祐子氏は第39回日本認知症学会(2020年11月26〜28日、ウェブ併催)で、「神経変性疾患における精神症状と病理」をテーマに講演。研究成果の一端を紹介し、病理確定診断がなされた認知症例では、うつや他の精神疾患・精神症状の既往が少なからず認められることを概説した。また、脳資源(リソース)の提供支援を行うことで精神・神経疾患の克服を目指す日本ブレインバンクネット(JBBN)について紹介した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  脳・神経 »  精神症状に潜む神経変性の病理とは

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD535140 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外