メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

米・STAMP阻害薬asciminibが慢性骨髄性白血病で画期的治療薬に指定

 2021年02月09日 14:12
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 ノバルティスは2月8日、2剤以上のチロシンキナーゼ阻害薬(TKI)による治療歴がある慢性期のフィラデルフィア染色体陽性慢性骨髄性白血病の成人患者に対し、ファーストインクラスのspecifically targeting the ABL myristoyl pocket(STAMP)阻害薬asciminibが米食品医薬品局(FDA)よりブレークスルーセラピー(画期的治療薬)指定を受けたことを発表した。

 今回の指定は、2剤以上のTKIによる治療歴がある慢性期のフィラデルフィア染色体陽性慢性骨髄性白血病の成人患者において、ボスチニブと比較した第Ⅲ相試験ASCEMBLなどの結果に基づくもの。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  OTプレスリリース »  米・STAMP阻害薬asciminibが慢性骨髄性白血病で画期的治療薬に指定