メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

ArcherMETコンパニオン診断検査の供給が再開へ

2月10日から利用可能予定

 2021年02月09日 13:45
プッシュ通知を受取る

 日本肺癌学会は本日(2月9日)、学会員向けに、ArcherMETコンパニオン診断検査の供給が一時停止になっていた問題について、ArcherDX社から供給再開についての通達があったことを報告した。

 同検査は、METエクソン14スキッピング変異陽性非小細胞肺がんに対するMET阻害薬テポチニブ(商品名テプミトコ、メルクバイオファーマ社)のコンパニオン診断としてのRNA(組織)検査であるが、総合一致率が適合基準を満たさなかったために今年2月3日から利用不可の状況が続いていた。この期間中、代替としてArcherMETのctDNA(血漿)検査キットが利用可能となっていたが、ArcherMET のRNA(組織)検査キットの構成品を交換し、品質管理検査を実施した結果、参照物質との間の総合一致率が 100%であることが確認できた。ArcherMETのRNA(組織)検査キットの供給は、2月10日から再開の目途が立ったという。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  ArcherMETコンパニオン診断検査の供給が再開へ