メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

STAT3阻害薬napabukasin、大腸がんで主要評価項目のOS改善せず

第Ⅲ相臨床試験CanStem303C

 2021年02月09日 18:10
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 大日本住友製薬は本日(2月9日)、開発中のシグナル伝達性転写因子3(STAT3)阻害薬napabukasinについて、結腸直腸がん患者を対象にnapabukasin+FOLFIRI療法〔フルオロウラシル(5-FU)+レボホリナートカルシウム(L-LV)+イリノテカン)の併用療法の有効性および安全性をFOLFIRI単独群を対照に検証した第Ⅲ相臨床試験CanStem303Cにおいて、主要評価項目の全集団およびpSTAT3陽性集団における全生存期間(OS)の改善を達成しなかったことを発表した。

 なお、安全性プロファイルはこれまでのnapabukasinの臨床試験結果と一貫しており、CanStem303C試験結果の詳細は今後学会等で発表する予定であるという。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  STAT3阻害薬napabukasin、大腸がんで主要評価項目のOS改善せず