メニューを開く 検索 ログイン

認知症治療薬メマンチンがPTSDに有望か

心理療法に匹敵する効果、臨床試験を計画へ

2021年02月10日 05:00

15名の医師が参考になったと回答 

 災害や暴力など生死に関わる衝撃的な体験をきっかけに発症する心的外傷後ストレス障害(PTSD)。心理療法と薬物療法が治療の柱だが、薬物治療の選択肢は限られており、新たな治療薬の開発が課題となっている。そうした中、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所所長の金吉晴氏、同センター行動医学研究部室長の堀弘明氏らの研究グループは、認知症治療薬であるメマンチンをPTSD患者に投与した臨床試験でPTSDの有意な改善効果を示したと発表した。研究結果は Eur J Psychotraumatol1月15日オンライン版)に掲載された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  精神疾患 »  認知症治療薬メマンチンがPTSDに有望か

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD535091 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外