メニューを開く 検索を開く ログイン

BZD系薬処方が薬物依存症の悪化に加担

 2021年02月12日 05:00
プッシュ通知を受取る

64名の先生が役に立ったと考えています。

 ベンゾジアゼピン(BZD)系薬は、睡眠薬および抗不安薬として長年にわたって使用されてきた。しかし、耐性が生じやすく依存性が高いことから、薬物依存の原因として問題となっている。国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部部長の松本俊彦氏は第35回日本老年精神医学会(2020年12月20〜22日、ウェブ併催)において、「高齢者はBZD系薬への依存性が高いことから、安易に処方しないように」と注意を促した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

iPhone版でも不具合。COCOAアプリは使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  BZD系薬処方が薬物依存症の悪化に加担