メニューを開く 検索 ログイン

BZD系薬処方が薬物依存症の悪化に加担

2021年02月12日 05:00

68名の医師が参考になったと回答 

 ベンゾジアゼピン(BZD)系薬は、睡眠薬および抗不安薬として長年にわたって使用されてきた。しかし、耐性が生じやすく依存性が高いことから、薬物依存の原因として問題となっている。国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部部長の松本俊彦氏は第35回日本老年精神医学会(2020年12月20〜22日、ウェブ併催)において、「高齢者はBZD系薬への依存性が高いことから、安易に処方しないように」と注意を促した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  BZD系薬処方が薬物依存症の悪化に加担

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD535253 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外