メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  BZD系薬処方が薬物依存症の悪化に加担

BZD系薬処方が薬物依存症の悪化に加担

2021年02月12日 05:00

113名の医師が参考になったと回答 

 ベンゾジアゼピン(BZD)系薬は、睡眠薬および抗不安薬として長年にわたって使用されてきた。しかし、耐性が生じやすく依存性が高いことから、薬物依存の原因として問題となっている。国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部部長の松本俊彦氏は第35回日本老年精神医学会(2020年12月20〜22日、ウェブ併催)において、「高齢者はBZD系薬への依存性が高いことから、安易に処方しないように」と注意を促した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  BZD系薬処方が薬物依存症の悪化に加担