メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

未治療頭頸部がんへのデュルバルマブ、PD-L1高発現例でOS延長せず

第Ⅲ相KESTREL:デュルバルマブ+tremelimumabも全集団でOS延長せず

 2021年02月12日 15:13
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 アストラゼネカは本日(2月12日)、再発性/転移性頭頸部扁平上皮がんの一次治療として抗PD-L1抗体デュルバルマブ(商品名イミフィンジ)単独投与およびデュルバルマブ+抗CTLA-4抗体tremelimumab併用投与の有効性および安全性を標準治療(セツキシマブ+化学療法:EXTREMEレジメン)を対照に比較検証した第Ⅲ相試験KESTRELの結果について報告。デュルバルマブ単独投与は、主要評価項目であるPD-L1高発現例における全生存期間(OS)の延長を達成しなかったことを明らかにした。なお、デュルバルマブ+tremelimumab併用についても、副次評価項目である全体集団のOS延長は認められなかったという。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  未治療頭頸部がんへのデュルバルマブ、PD-L1高発現例でOS延長せず