メニューを開く 検索を開く ログイン

アトピー性皮膚炎は総合的治療でQOL改善

抗体薬が新たな治療選択肢に

 2021年02月13日 15:00
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 アトピー性皮膚炎(AD)患者は年々増加しており、以前は小児の疾患と捉えられていたが、近年では成人患者が増えている。ADの動向や最新の治療法などについて、広島大学大学院皮膚科学教授の秀道広氏が、1月22日にオンラインで開かれたプレスセミナー(主催:日本イーライリリー)で解説した。同氏は「現在では重症ADに対して抗体薬治療という新たな選択肢が登場している。それらを含めて患者のQOLを考慮し、個々の患者の病状やニーズ、負担を総合的に考えた治療が必要」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  皮膚 »  アトピー性皮膚炎は総合的治療でQOL改善