メニューを開く 検索 ログイン

アトピー性皮膚炎は総合的治療でQOL改善

抗体薬が新たな治療選択肢に

2021年02月13日 15:00

8名の医師が参考になったと回答 

 アトピー性皮膚炎(AD)患者は年々増加しており、以前は小児の疾患と捉えられていたが、近年では成人患者が増えている。ADの動向や最新の治療法などについて、広島大学大学院皮膚科学教授の秀道広氏が、1月22日にオンラインで開かれたプレスセミナー(主催:日本イーライリリー)で解説した。同氏は「現在では重症ADに対して抗体薬治療という新たな選択肢が登場している。それらを含めて患者のQOLを考慮し、個々の患者の病状やニーズ、負担を総合的に考えた治療が必要」と述べた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  皮膚 »  アトピー性皮膚炎は総合的治療でQOL改善

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD535241 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外