メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

安価で低侵襲の認知症スクリーニング法

行動特徴解析で早期診断

 2021年02月15日 05:00
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 認知症の進行を抑制するには、プレクリニカル期〜軽度認知障害(MCI)期での診断および治療開始が求められている。その実現には早期診断法の確立が急務だが、早期診断に有効で日常診療に使用できる安価かつ低侵襲性のバイオマーカーはまだ実用化されていない。第35回日本老年精神医学会(2020年12月20〜22日、ウェブ併催)で、筑波大学精神医学教授の新井哲明氏は「認知症早期のスクリーニング法として、機械学習を用いた行動特徴解析やモバイルデバイスによる認知機能評価は有用である」と報告した。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナワクチンの職域接種、先生は接種に参加?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  安価で低侵襲の認知症スクリーニング法