メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

正常圧水頭症、世界をリードする日本の研究

 2021年02月15日 05:10
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

 特発性正常圧水頭症(iNPH)は、脳室が拡大するものの脳脊髄液圧は正常で、認知障害、歩行障害、排尿障害のいわゆる三大徴候を呈し、シャント術により症状が改善することをもって確定診断となる。第35回日本老年精神医学会(2020年12月20〜22日、ウェブ併催)で、高知大学神経精神科学講座教授の數井裕光氏は「『iNPH診療ガイドライン』を作成し、第3版まで刊行している日本はiNPH研究で世界をリードしている」と述べ、日本におけるiNPH研究進展の経緯を紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ禍で増加。「公園飲み」・「路上飲み」をどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  正常圧水頭症、世界をリードする日本の研究